韓国のゲーム会社SmartJoyが提供するスマホゲームLastOrigin(ラストオリジン)の攻略Wikiです。

基本情報

所属
ホライゾン?
No085ランクSS
ランクアップなし
名前無敵の龍
ハングル名무적의 용
タイプ軽装型役割支援機
攻撃力A速度B
攻撃頻度BサポートS
持久力B防御力C+
装備スロット
Lv20Lv40Lv60Lv80
OS補助装備回路回路
入手方法
・メインステージ7-8クリア報酬
イラストKakiman?

ステータス

ステータス

リンク

出撃コスト

編隊ボーナス


スキル

タイプスキル名詳細射程AP範囲
アクティブ
(通常モード中)
1鋭い斬撃・敵1体に攻撃力120~173%のダメージ
・2ターンの間、対象に標識(被ダメ+20~29%)付与
・クリティカルの時、与ダメージ+20~29%
 ・2ターンの間、対象の効果抵抗-20~29%(重複可能)
34
レベル10
2号令・範囲内の味方のAP+1~1.9、2ターンの間攻撃力+20~29%
・対象がホライゾンメンバーまたはスクワッド21メンバーの場合、効果値が50%アップ
・スキルレベル10の場合、味方範囲全てに効果適用
10
アクティブ
(砲撃モード中)
1艦隊砲撃開始・保護効果を無視し、範囲内の敵に攻撃力200~289%のダメージ
・クリティカルの時、対象のバリア・防御力アップ効果を解除
・自身が偵察効果を受けている時、与ダメージ+30~43.5%
・スキル使用または反撃時、砲撃モード及び砲撃待機モード解除
610
2艦隊待機命令・通常モードに切り替わり、付与されている有害効果を解除
 ※砲撃待機モードは維持
2
レベル10
パッシブ1不屈・ラウンド開始時、範囲内の味方の回避率+15~24%、効果抵抗+10~28%、被ダメ-5~14%
・戦闘不能になると、2ターンの間範囲内の味方に回避率・効果抵抗・被ダメ効果を2倍にし、反撃(ダメージ倍率30~120%)付与
・スキルレベル10の場合、味方範囲全てに効果適用
レベル10
2軍事戦略通達・ラウンド開始時、範囲内の味方の攻撃力+10~14.5%、命中率+16~23.2%、クリ率+8~11.6%、行動力4~5.8%
・対象が攻撃支援の影響を受けている場合、効果値が50%アップ
・スキルレベル10の場合、効果範囲拡大
3標的座標送信・ウェーブ開始時、自身に砲撃待機モードを付与
 ・砲撃待機モード中に待機した時、砲撃モードに切替

・ラウンド開始時、味方のAP+1~1.9
・ラウンド開始時、着弾型スキル持ち*1味方の攻撃力+15~21.75%、命中率+30~43.5%、クリ率+10~14.5%
 ・自身が偵察効果を受けている時、自身にもAPを除くバフ効果有効
・次に遭遇する敵の情報を獲得
(数値の表現はレベル1~レベル10)


性能

■キャラ名■の長所

  • wave開始時に砲撃待機モードで始まり、この状態で待機をすると砲撃モードに切り替わる。ただし、砲撃モードによる砲撃戦闘開始は1waveに付き1回のみである。
 主な運用法は1ラウンド目待機 2ラウンド目に砲撃戦闘開始での敵殲滅である。
 砲撃戦闘開始は保護無視の全体攻撃なおまけに、クリティカル時はバリアや防御アップも解除してくれ、偵察効果を受けていれば332.5%のダメージととんでもない威力である。
 砲撃戦闘開始を効果的に運用するために
 初めの行動を待機状態にしてくれる救済のマリアと偵察効果を付与する装備がよく使われる。

 

■キャラ名■の短所

  • ピョンテ!

総評

  • 多くのステージの攻略を一気に容易にしてしまう素晴らしい能力を所持している。
 ほぼ一撃で倒せるので、7-7や7-1EXなど新たな高速レベリングでも大活躍である。
 常設ステージにおいて相性が悪いのは、「5-8」「5-8EX」「6-8」のみである。
 その他のステージにおいては無敵の龍で一気に効率化をはかれる。
 ただし、7-4EXに関しては全体攻撃ではなくバフ要員として活躍している。

 永遠の戦場においてもその活躍はとどまるところを知らず、 敵の出方にもよるみたいではあるが,
無敵の龍に加えてラビアタ・プロトタイプ, CS ペロ, LRL, 5人によるまさかの30階層すべてをオートクリアを可能としてしまった。
 上記から救済のマリアのかわりに 城壁のハチコを採用したバージョンもある。


 フルリンクがまだであるならば是非とも特殊代替コアを最優先で使っていきたい。

育成

■ステ振りの方向性などの解説■
  • 上記の活躍から分かるように、基本的には攻撃機の振りの命中・クリティカル・攻撃にステータスを割り振っていく。
 しかしながら、無敵の龍に関しては個々のステージや組み合わせを前提とした割り振りがいくつも存在しているため
 その時その時に適宜変えていくか汎用性のあるステータス振りで行くかは好みとどれだけ効率を求めるかによる。

イラスト

基本

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です